info@junglegenre.com

自粛タイムを笑って過ごす、ジャングルおすすめネタ動画 第1回 シニアテニス

Video、Music、Educational Program…etc, of "Jungle genre".

自粛タイムを笑って過ごす、ジャングルおすすめネタ動画 第1回 シニアテニス

昨今は新型コロナウイルス感染防止のため外出自粛を余儀なくされ、お笑いライブもいつ再開されるのかわからない。そんな状況に気を落としている読者に向けて、お笑いナタリーでは芸人におすすめネタを聞き、コメントと共に紹介していく連載企画を展開中。

https://natalie.mu/owarai/column/378185

しかし僕たちジャングル系は芸人ではないし著名でも無いのでこのリレーは回ってこない。なので勝手にやることにした。


ジャングル系・シニアテニスのおすすめのネタ


Pepper 「99%使わない機能」

機械がおそらく初めてスベるところが見られる

機械になんか笑かされてたまるかという観客

それは人間のプライド

昔の関東芸人を嫌う関西の客の構図です

NEOサイバー関東芸人

シンギュラリティ―はもうすぐですが、これを恨みに反乱されたらとても怖い

舞台の出ハケ姿が死ぬほど面白い

クリスタル大坪「ロックンローラー内田裕也」

最初に「内田裕也です。」と言って、知らない間に「私は自民党でも共産党でもない」いう党派を語り

最後は長渕のとんぼを歌うイリュージョン

内田裕也のまま喋ってるのか途中で別の人になっているのかは本人しかわからない

いや本人もわかっていないかもしれない

面白いという感情は「わからない」に対する興味から来ているのならば一番面白いのは彼のネタである

ランジャタイ・街裏ぴんく・金属バットが理性的に感じる世界

「傷つけない笑い」の次来るのはこのような「人を傷つけているのかどうかもわからない笑い」

ニッポンの社長「おかんから仕送り」

お笑いというのは奇妙である

ベタとはさらに奇妙である

たとえば「すいませんラーメンください」「じゃあ店員さん呼んできますね」「お前誰だよ」

というくだりもツッコミが店員と決めつけているのは奇妙である

ボケがちょっと店員やってみたいからといって、店員とは限らないのである

配達員の彼はそんなお笑いの世界に迷い込んでしまった

辻演じる配達員からすれば「採集」の片桐仁や「ダンボ君」のナベアツ「ルスデン」の日村くらいの恐怖なのだ


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です